記事内にPRが含まれています。

OpenAI元取締役とAI(人工知能)が語る人類の未来について|ChatGPTと語る未来【要約・感想】

AI

「ChatGPTと語る未来」は、リード・ホフマン氏とGPT-4がAIの可能性を探求する旅に読者を誘います。

この書籍は、人間とAIの関係性を再定義し、未来のビジョンを描くための一冊です。

ホフマンの洞察により、AIが私たちの生活、仕事、社会にどのように影響を与えるかを理解する新たな視点を提供します。

この本を読めば、その深遠な洞察と、それがどのように私たちの未来を形成するかについて掘り下げられるでしょう。

感想

参考になった点

参考になったところは、教育、創造性、司法、ジャーナリズム、メディア、ビジネスのなど様々な観点からGPT-4をはじめとする大規模言語モデル(以下LLM)の可能性を考察しているところです。

この数年でLLMだけでなく多くの生成AIがリリースされ、ものすごい速さでAIが台頭しています。

インターネットが現在必要不可欠であるように、将来は人工知能の活用が必要不可欠になるでしょう。

人工知能を味方につけることで、人類のさらなる発展が期待できると思います。

その点を踏まえて、人工知能がそれぞれの分野でどのように活用できるか、そしてその注意点が考察されているので非常に参考になりました。

気を付けたほうがいいと思ったところ

本文はホフマン氏とGPT-4の対話によって話が進んでいきます。

その中でGPT-4の回答に注目しがちになってしまうところが気を付けなければいけないと感じたところです。

あくまでホフマン氏がどういう意図でGPT-4に質問をしているか、GPT-4の回答からホフマン氏がどういう考察をしているかに注目して読み進めていくことで、人類とAIの未来について考察が深められるでしょう。

本書の概要

著者:リード・ホフマン

  • リンクトイン、Inflection AIの共同創業者で、ベンチャー投資会社Greylock Partnersのパートナー
  • ChatGPTを開発するOpenAIの元取締役
  • ベストセラーとなった「スタートアップ的人生戦略」、「ALLIANCE-人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用」、「BLITZSCALING-苦難を乗り越え、圧倒的な成果を出す武器を共有しよう」、「マスター・オブ・スケール-世界を制したリーダーが初めて明かす事業拡大の最強ツール」の共著者
  • マーシャル奨学生としてオックスフォード大学の哲学の修士号、スタンフォード大学のSymbolic Systemsコースの学士号を優秀な成績で取得

参考:「ChatGPTと語る未来」246ページ

本書の狙い

本書の狙いは、ChatGPTをはじめとする人工知能が将来人類にどのような影響をもたらすのかを読者に考察してもらうことです。

また、私たちが人工知能と共存するために理解しておくべきことは何かを考えさせることも狙いの一つです。

要約

発展途上国の教育に貢献する可能性

人工知能は教育の行き届いていない地域の教育に大きく貢献できる可能性があることが述べられています。

人工知能は良くも悪くも感情がなく、人間と違い主観に修されずに物事をとらえられます。

そのため、生徒それぞれに合った教育プログラムを組み立てたり、平等な全体教育プログラムを組み立てることもできるでしょう。

しかし、事務作業などの単純作業の効率化はできるものの、それ以上の有意義な活用はされない可能性も本章で懸念されています。

創造性を拡大する

人間のクリエイティビティは人工知能によってさらに増大するだろうと述べられています。

本書が書かれたのは2023年7月ですが、現在はすでに生成AIを活用した創作が活発です。

皆さんも実感しているように、クリエイティブなことが苦手な人でも音楽、画像などの分野に参入できるようになっています。

逆を言えば、そうした分野への参入障壁が低くなったことで作品への価値が低くなる可能性もあり、本書でもそのリスクが提示されています。

真実を見抜く力がより必要となる

LLMの発展によりフェイクニュースがより作られやすくなる可能性があり、私たちは真実を見抜く力が今以上に必要となるでしょう。

本書の第4章では、ホフマン氏がGPT-4に作らせたフェイクニュースが紹介されています。

LLMにより、こうした偽のニュースが量産できるようになってしまったため、それを濫用するものが現れるでしょう。

もしかしたら、すでにフェイクニュースが蔓延しているかもしれません。

同章で、偽の情報を見抜く人工知能の整備やジャーナリストによる真実の提示の重要性が高まるだろうと述べられています。

新しいものを受け入れる

人類は石器時代の武器、車、インターネットをうまく活用し、技術の発展とともに繫栄してきました。

次の時代は人工知能の活用です。

今でこそ「子どもの教育に悪い」など否定的な意見もありますが、新しい技術を受け入れることが今後の発展のカギだと著者は主張しています。

まとめ

「GPT-4」が著者の一人として書いた興味深い本です。

書店で並ぶ本に「著者:GPT-4」、CDショップに「作曲:Udio」ように人工知能の名前が連なる日も遠くないかもしれません。

しかし、人工知能には偽の情報が盛り込まれる可能性やハルシネーションが起きる可能性があり、人間の手で真実かどうか見極めることが重要です。

人工知能の特性を理解し、適切に活用することでビジネスや生活がより豊かなものになるでしょう。

執筆者
Kohei

・1997年生まれ
・座右の銘「知識と健康は一生の財産」
・知識不足だったことから学生時代の貴重な時間を無駄にしたと後悔し読書を始める
・読者に自分と同じような後悔をしてほしくないと思い、人生に役立つ知識を発信中

Koheiをフォローする
AI実用書
Koheiをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました